なぜOHが必要なのか

腕時計は精密機械で、数多くの部品が組み合わさって動いています。
油が劣化や少なくなると部品が擦れて摩耗や破損の原因となります。
実際に使用(着用)しなくとも油は劣化します。

およそ3~4年ごとにオーバーホール(分解掃除)を行い、 メンテナンスすることで、時計の寿命を延ばすことができます。
また、パッキン等(消耗品)の劣化で、ケース内に湿気や汗が混入した場合、サビや腐食が発生する事もあります。進行すると時計に致命的なダメージを与えてしまう場合があります。不具合を早期発見する為にも、定期的なオーバーホールが必要となるのです。

 

クオーツ時計(電池式の時計)にも定期的なオーバーホールは必要です。
クオーツであっても、歯車などの機械部品は使われているからです。